アリバイについての情報が満載

このサイトでは、無職やフリーター、水商売などの人が利用するというアリバイ会社について紹介しています。
偽物の書類の発行をしている、いわゆる公文書偽造などの犯罪を行う会社です。
いったい利用者は何のために、どのような場面で利用するのでしょうか。
また、そもそもなぜこんな犯罪を行う会社がビジネスとして成り立つのだろうかと、不思議に思う方も少なくないかも知れません。
そこで実際に行っている業務にはどのようなものがあるのかについて紹介します。

アリバイ会社とはどんなもの?利用する目的とは

アリバイ会社とはどんなもの?利用する目的とは アリバイ会社とは、公文書偽造を行う会社ですが作成される書類には給与明細書や源泉徴収票・在籍証明書など多岐にわたります。
また、この他に在籍確認の電話対応も行っています。
利用する人の多くは、正社員以外のアルバイトやパートの仕事をしているかたや無職といった人たちです。
ではなぜ犯罪と分っていて、アリバイ会社を利用するのでしょうか。
世の中にはどうしても正社員じゃないとダメという契約ごとがたくさんあります。
犯罪と分っている以上、あきらめれば良いのではないか、と思う方も少なくないことでしょう。
しかし、正社員じゃなくても、やむを得ず契約しないといけないという場面も多々あります。
そのためには、どうしてもアリバイ会社を利用するしかないのです。

アリバイ会社を利用して賃貸をすることの危険性

アリバイ会社を利用して賃貸をすることの危険性 現在日本では多くのアリバイ会社が存在しており、その理由は金融関係の審査・保育園の入園・周りに本当の職業を隠したいなど様々あります。
今回は、賃貸マンション・アパートの契約時に利用される「アリバイ会社」の仕組みや危険性を解説していきます。
例えば無職やフリーターや水商売などの審査が通りにくい人がいたとします。
そのような人でも、アリバイ会社を利用することであたかもそこに勤務しているように偽装ができるので、賃貸物件に入居しやすくなるのです。
しかし、この方法は非常は危険でおすすめできるものではありません。
1つ目の理由として、真実が明るみになった場合、即強制退去を求められる場合が多いからです。
管理会社や大家さんに悪意のある嘘をついたとみなされます。
2つ目の理由は、詐欺行為として訴訟に発展するケースもあるからです。
過去に同じアリバイ会社で入居した人がいたなど、バレる可能性も十分にあります。
3つ目の理由は、今後の部屋探しがますます困難になるということです。
不動産業会では情報が共有されているケースも少なくないので、今後部屋を借りる際は苦労することも十分に考えられるでしょう。
このように、アリバイ会社を使っての賃貸は大きなリスクを伴う行為と言えます。

アリバイ会社を利用するタイミングについて

賃貸住宅などに入居する際に在籍確認や所属などを確認しますが、その際の社会的地位(収入・勤務先・雇用形態など)を一時的に付与してくれることで審査をスムーズに進めるのがアリバイ会社と呼ばれるものです。
賃貸物件の契約時以外にも金融関係の審査や保育園の入園など、いわゆる審査などが発生するタイミングで利用するのがアリバイ会社の存在意義です。仮に現在無職だと賃貸物件の入居を希望しても、家賃の支払いが滞るリスクを嫌気して家主が入居を認めてくれないのは一般的です。
また仕事をしているけれど、水商売や夜の仕事の場合も嫌厭されがちなのでこのような場合に利用することで審査をスムーズにする役割を果たします。
一度入居してしまえば、水商売だろうが夜の商売だろうが家賃をきちんと支払えば問題が発生することはありません。
家主としてはトラブルなく賃貸経営が運用で来ていれば問題無いので、トラブルを起こさない戸井前提での利用は問題無いのです。

信頼できるアリバイ会社の選び方について解説

信頼できるアリバイ会社の選び方のポイントは、大きく分けて3つあります。料金の安さだけでなくさまざまな点を考慮して、慎重に見極めるようにしましょう。1つ目は対応が丁寧であることです。
入会や料金の支払いを急がせる場合は、避けた方が良いでしょう。分からない点や不安な点はなるべく質問するようにしてください。
質問に対して分かりやすく丁寧に対応してくれるような会社は、安心して任せられます。2つ目は定期的に情報が発信されていることです。ホームページ自体は存在するものの全く更新されていないアリバイ会社は、おすすめできません。
3つ目は広告の方法と内容です。広告審査がないホームページは誰でも容易に制作可能であるため、ホームページだけで判断することは出来ません。
一方、雑誌などに広告を掲載する場合はメディア機関による企業審査が行われます。よって、ホームページの内容を見て、雑誌広告やバナー広告を掲載している会社を選ぶようにしましょう。

アリバイ会社の利用のタイミングについて解説

アリバイ会社とは、契約することで一時的な社会的地位を得ることができるサービスのことです。例えば賃貸住宅を借りたい場合に、仕事はしているけれど会社名を出すと例えば水商売関連だったりする場合風紀が乱れるという理由から審査が通らないというケースもありえます。
支払い能力はあるにもかかわらず機会損失になるということを避けるため、アリバイ会社を利用するのです。利用手数料としては1回あたり2万円から家賃の50%や100%など様々で、ともすればぼったくられるリスクも有る点には注意が必要になります。
審査という者は正しい情報を記入することが前提になるためグレーの商売であり、もし審査側にばれてしまった場合は偽証罪にも問われかねません。
なのでどうしても必要な時に検討するにとどめ、可能であれば通常の審査で通すとか水商売OKな不動産業者を選択するとかの手段も並行して検討したほうが良いです。もちろんケースバイケースですが、注意は必要です。

アリバイ会社を選ぶときは評判の確認も大事です

アリバイ会社の選び方では評判について調べることも大事で、他にも総務省登録済業者であることも確認したほうがいいです。届出が出ている会社は国の監視下に置かれていて業務の適正化も保証されており、来店登録の可否についても調べておいた方がいいです。
アリバイ会社を利用するときには個人情報の提供が必要ですが、実際の営業場所が不明では不安なので、場所をオープンにしていてさらにきちんと届出も出している業者なら信用が出来ます。
勿論、サイトに住所を掲載していてもそれが正しいとは限りません。
主なサービスは在庫確認に利用する会社の詳細情報が提供され、そこで利用した人が社員などで勤務しているといった社会的地位を設定してくれます。
在籍専用会社へ在籍有無の確認電話があると、そこにいる人が会社へ在籍しているような対応をします。
これで確認の電話をした相手も、確認対象者が間違いなく在籍していると確信を得ますし、着信転送サービスで外部からの電話を直接取り次いでくれる会社もあります。

賃貸物件を契約する際にもアリバイ会社は使える

アリバイ会社とは一種のペーパーカンパニーのようなもので、実際に自分はその会社に所属しておらずまたそこで働いてもいなくても、外部から電話がかかってきた際にはあたかもその会社の社員であるかのように応対してもらうことができます。
世の中には、何らかの会社組織の一員であることが信用を得る目的その他の理由で必要とされることがあります。カードローンを申し込むときなどが代表例ですが、賃貸物件を契約する際にも当てはまります。
実際に会社員なのであれば問題はないわけですが、たまたま失業中などであれば困ってしまいます。無職と書類に記入しては、賃貸料が払えないに違いないと思われて契約を断られてしまうのが関の山です。
こういう場合にはアリバイ会社を使うことができ、一定の手数料を支払うことで、その会社の社員であるとして応対してもらうことができます。
実際に来社したりするようなことは手間ひまもかかりますのでまずあり得ませんから、それ以上突っ込まれることは無いと言えます。

もっとアリバイ会社を知りたい

アリバイ会社 賃貸